【宝飾品のお手入れ方法】

(1)SILVER製品(シルバー=銀)
銀は酸素・汗・薬品・水分と反応を起こして黒く変色(硫化)します。
GRIM Worksの商品は、仕上げ・洗浄の後に変色防止加工を施していますが、
着用後に軽く水洗いをして、すぐにふき取り乾燥させて(冬場はドライヤーなど)
ポリチャック袋などに入れて保管(空気を遮断)してください。
そうすることにより、変色防止加工の効果も長く維持することができます。

小傷などは、クリーナー(貴金属磨き布)では取れませんので、
なるべく使用時も衝撃を与えないようにしてください。
クリーナー(磨き布)は表面の汗などによるくすみを取り、
鏡面にしてくれる効果があるものです。

シルバー(そのほか金などすべて)に各種メッキ加工を施した品物の場合、
研磨材入りのクリーナーでは絶対に磨かないようにしてください。
メッキの剥がれの原因となります。
大きな傷などでメッキが削られてシルバー面が見えてしまった場合は
当工房にて一度新品仕上げをし直して、再メッキ加工、、をお勧めしています。

(2)GOLD製品(ゴールド=金)
純金(24K)はジュエリーでは稀ですが、18金や10金など各種ゴールドも、
基本的にはあまり変色はしませんので、傷などに注意して着用してください。
ただし、、18金以上は、特にとても柔らかく傷つきやすい貴金属ですので、
柔らかい歯ブラシで軽く汚れを落とすくらいでよいです。
ブラシが不安であれば柔らかい布で磨きましょう。

黒ずみがある場合は、中性洗剤を少量ぬるま湯に溶かしてつけおきし、
汚れが浮き上がったら水洗いして柔らかい布で拭き取ります。

(3)PT製品(プラチナ)

プラチナや金は年月とともに、汗やほこりで酸化して汚れてしまうことがあります。

金同様のお手入れ方法が理想的です。
黒ずんでしまった場合は専用の貴金属洗浄剤や洗浄液を使います。
不安な場合は当工房にご連絡くださいませ。

(4)チェーンなどのエンドパーツ(引き輪など)
クリップタイプで、中にステンレスのバネ線があるものは、
水分に浸した後は、早めに水分を取り、
乾燥させてください。中のバネが錆びてしまいます。
修理・交換もしておりますが、有料修理となってしまいますので

ご注意くださいませ。


(4)真鍮(ブラスBrass)製品
こちらは貴金属ではない金属で特別なので下記URLからご覧くださいませ。

https://g-w.shop/blog/gw/grimworksbrassjewelry


★すべてメッキ加工品・天然石・合成石に対して、
”研磨剤入りのクリーナー”の仕様は避けてください。
市販の研磨材入りのクリーナーの用途は、
貴金属の”変色部分”の汚れを取り磨く、、程度にしてください。

特にオパールや真珠など、やわらかい石に対しては絶対に避けてください。

簡単なふきとり磨きで安心なのは、
眼鏡クリーナ―などで使われている「セーム革」です。


研磨粒子なしのセーム革

洗浄液・クリーニング液なども気をつけましょう。
市販のクリーニング液は酸化の黒ずみを取ってくれますので便利ですが、

弱い石は反応して変色腐食してしまうことがあります。
特に半透明・不透明石は避けましょう。

市販の「スピーディップ」などは業者も使いますが、使用上の注意を読まないと、
上記のようなことになり、修理ではなく交換などになる場合がございます。

*銀製品表面の変色除去剤。変色した銀製品を10〜20秒程、本液に浸し、
その後、ぬるま湯でよく水洗いし、日陰で乾かして下さい。


全てなるべくはぬるま湯とやわらかいブラシなどでケアすることをお勧めしています。

変形や金属疲労による割れなどはそれ以上の力・衝撃は与えずに、
一度ご連絡の上、修理に出してください。


当工房ではすべての修理・アフターメンテナンスに対応しております。
事前に説明・お見積りも出しますのでご安心くださいませ。


基本的には普段使いに適した構造で制作しておりますが、
過度な衝撃や、力を加えないようにお願い致します。
長く、そして一生のお供として、ジュエリーを楽しんで頂けましたら光栄です。

ジュエリー全般のご不明な点などございましたら、お気軽にご質問くださいませ。

*******************************

ページトップへ戻る