本物の職人デザイナーが創造する拘りのジュエリー達。満足と高揚感、そして安心をお届け致します。
 

メッキ加工(単品小) リング・ペンダント・ピアス・イヤリング など

メッキ加工(単品小) リング・ペンダント・ピアス・イヤリング など
メッキ加工(単品小) リング・ペンダント・ピアス・イヤリング など

商品名 : メッキ加工(単品小) リング・ペンダント・ピアス・イヤリング など

製造元 : GRIM

価格 : 1,000円(税込)

金属アレルギー対策にもおすすめです

ショップポイント : 100

数量 :


 送料:無料〜

ご購入商品に各種メッキ加工(選択してください)
リング・ペンダント・ピアスなど
* 素材:メッキ加工 種類
(1)K24(純金)メッキ   
(2)K18(通常ゴールドカラー)メッキ   
(3)K18YG(イエローゴールド)メッキ   
(4)K18PG(ピンクゴールド)メッキ   
(5)Rh(ホワイトロジウム)メッキ   
(6)BRH(ブラックロジウム)メッキ   
(7)Ru(ルテニウム)メッキ

♦対象商品:リング・ペンダント・ピアス・イヤリング・そのほか単体商品
*それ以外は別ページからの選択〜購入になります。(ネックレス・チェーン・ブレスレット・バングル・そのほか面積の多いもの)

基本的にジュエリーへのメッキ加工は銀(もしくは銅や真鍮)に対して・・・
*見た目の良さ…綺麗な金属色
*高級感がある…金・銀・プラチナなど高価な貴金属による「めっき」
*防錆…汗などによる腐食を防止
*軽量化…貴金属だけの素材より軽量で身につけやすい
*コストダウン…貴金属そのものより安価
*抗菌作用…金属の抗菌作用
*アレルギー対策…貴金属は反応しにくい
・・・を目的として施すものです。 日本の技術は得に品質もよいため、よほどの力で傷をつけて表面が崩れない限り、はがれたり色落ちの心配はございません。
・・が、アレルギーを起こす方は以下の事を注意の上、事前にお問い合わせくださいませ。
★「金属アレルギー」=ピアスや指輪など金属に接した部分が赤くなったりかゆくなったりする皮膚炎・・・。
*なお、当ブランドの銀製品はすべて安全基準でアレルギー対応しているとされる高品質のニッケルを含まない
「スターリングシルバー」{ (sterling silver)は、銀の含有率92,5%、割り金(製品強度を上げるための金属)7,5%(銅。)}の銀合金を使用しています。

スターリングとは「本物」や「信頼できる」というような意味があります。

金属アレルギーは基本的には治らないと言われています。 様々な要因で急になる方もいます(ちなみにデザイナー自身もニッケルアレルギーです) 一度アレルギーを起こしてしまったら、一生付き合っていかなくてはいけないようです。 上手に付き合っていけば、基本的に海外製品や安価なジュエリー・アクセサリーを着用しない限り、日常には影響はないと思われます。
銀自体はプラチナやゴールドと同レベルにアレルギーになりにくいですが、配合金属のニッケルや銅などによって金属アレルギーの症例が多くなってしまっているのが現状です。

簡単にジュエリーで使われる金属のうち、アレルギーになりやすい順番を記載します。

ニッケル > 亜鉛・銅 > 銀 > 金・プラチナ > チタン

ここにあげていないのが、メッキなどの下地でコーティングする高価な貴金属のパラジウム。 *パラジウム(Pd) 大半のプラチナやゴールドの結婚指輪に使われている素材でもあるといわれています。また、ニッケルとパラジウムは似た性質を持つため、ニッケルに反応する方はパラジウムにもアレルギーが出る確率が高いことで知られています。
もちろん医療機関で簡単に検査で、ニッケル以外のアレルギーも知ることができます。 金属が汗などによってイオン化して溶けだし、それを異物と思った体が防御する免疫反応のことで「金属アレルギー反応」と言います。 なので、基本的には夏など暑く汗をかきやすい環境では、長時間着けない。 こまめに着用箇所もジュエリーも水洗いする、、ことが大切です。 アレルギー以外の要因も考えられるので、指輪などの汚れや、長時間しているジュエリーと皮膚の間に付いてしまっている薬品なども、清潔にすることで改善されます。
お客様に安心の素材・対策を検討いたしますので、 十分配慮の上、ご購入(追加購入)くださいませ。
注意:複数購入の際は、どのアイテムに、何のメッキ加工を施すのかを、備考欄に必ず記載してください。 そのほかにモチーフだけ、リング内側のみをメッキなど(部分メッキ)も致しております。 質問よりお問合せくださいませ。 お見積りと、購入決済方法を提案致します。

ユーザー評価

名前 :

評点 :

内容 :
入力された顧客評価がありません

ページトップへ